HOMEへ  50音種名索引へ 科名索引へ  
野草園だより 2017
    2014 その1 (1〜6月) 
    2014 その2 (7〜12月)
     2015 その1 (1〜6月)
 ★下線付きの植物名をクリックしてください。図鑑にリンクしています。
 622()
 テッポウユリが咲きました。でもこれは昨年秋にコオニユリ・オニユリ・ヤマユリを舎人公園サービスセンター経由で注文し、いただいて植えた球根です。芽が出て、だんだん育って、コオニユリは葉が細めで、まちがいなくそれらしかったのですが、こちらはどうも怪しい。つぼみが出来始め、咲けばやはりテッポウユリでした。苗屋さんが間違えたのでしょうが、なんだかヒドイ話のような気もします。

 トモエソウは17日に今にも咲きそうにつぼみが膨らんでいたので、急いで一番に見に行きました。咲き終わった花もありましたが、セーフ!オトギリソウより花はだいぶ大きいのですね。まだつぼみもいっぱいあり楽しみです。

★新しく咲いた(少し前からも含む)主な花
コオニユリ、 テッポウユリ、 トモエソウ、 キキョウ、 ゴボウハゼランブットレアボタンクサギエキナセア

   
 615日(木)・17日(土)
 ツキミソウは雨にぬれると実が開いて種がこぼれ落ちる『雨滴散布』です。水やりをした後、ふと見るとツキミソウの実が開いて種がびっしり見えていました。これはいい!と種まき用に実を収穫しました。後で取り出すと、もう実は閉じていました。乾いたから閉じたのですね。また濡らすと開くのでしょう。自然は本当にいろいろ巧妙な仕掛けをしているものだと感心します。 
 ジュズダマは多年草で年数がたった大株は掘り起こすのも大変ですが、こぼれ落ちた実から生えた1年目のものは簡単に手で引き抜けます。見ると、実の形がそのまま残っていて芽と根が伸びているのが分かります。ジュズダマはクロコノマチョウの食草だと聞いたので、引き抜いた10本ほどをバタフライガーデンに植えました。

★新しく咲いた(少し前からも含む)主な花
コマツナギ、 クチナシ、 ヌマトラノオ、 ナスタチウム
、 ハマナデシコ、 トリトマ
   
 68日(木)・9日(金)
 木曜は雨だと期待していたのに、舎人公園では午前中にほんのパラりとしただけで、午後も夜も降りません。移植や挿し木したものが気になり、金曜も水やりに行きました。 
 今、ウマノスズクサにはジャコウアゲハの幼虫がいっぱいです。だいぶ大きくなってきたので、これから食欲も旺盛となり、葉はどんどん食べられてしまいます。葉だけでなく茎も大好きで、見境なく下の方の茎も齧ってしまうので、そのうち葉が全部枯れてしまいます。おバカさんなのか、何らかの理由があるのか不思議でなりません。
 

★新しく咲いた(少し前からも含む)主な花
ナンテン、  スカシユリ、  ウマノスズクサ、  サボンソウ、  フェイジョア、  ハルシャギク
★新しい頁 

ハナショウブ、  ケマンソウ(タイツリソウ)
   
 531日(水)・61日(木)63日(土)
 右写真はハーブ園から頂いた「ルー」です。香りが強く、虫よけ・殺菌効果があるそうですが、ミカン科なのでアゲハチョウが卵を産み付けるようです。挿し木や種子で簡単に増やせるようなので、次はぜひバタフライガーデンにも植えてみようと思います。今、ウマノスズクサやアシタバ・フェンネルも移植して、バタフライガーデンを整備中です。
 6/3は野草観察会でした。(観察会の様子はコチラ→)   観察会の途中で、キキョウソウを見つけました、嬉しい。季節になると、自然に生えてくる野草っていいでしょう!
★新しく咲いた主な花
オトギリソウ、  オカトラノオ、  キキョウソウ
★新しい頁
ルー、 ハコネウツギ、 ヒメイワダレソウ、 トモエソウ
★写真更新
シロバナタンポポ、  キリンソウ、  コモチマンネングサマメグンバイナズナ  
   
  525(木)・27(土)・28(日)
 28
日はボランティア花壇の植え付け日で、中央の円形花壇がすっかり新しくなりました。野草園でも公園協会からいただいた苗を5種類、一足お先に25日(木)に植えました。木・金と雨が降ったのでちょうどいい具合でした。ハーブ園が移動しダリア園となるので、それに伴い野草園にもいろいろ移植したくて2728日と続けて作業に励みました。

★新しく咲いた主な花    
ホタルブクロ、 二重咲きホタルブクロ、 ドクダミ、 アカンサス

★前に咲いていて写真更新
ブタナ、 ムラサキツユクサ、 ムシトリナデシコ、 マメグンバイナズナ、 コゴメイ、 ナワシロイチゴ、 ヒペリカム(花と実)、 ブルーベリー(実)、 ムラサキセンダイハギ→

   
  518日(木)・19日(金)
 ノイバラの葉に変なものを見つけました。赤い実のようですが、葉の裏についていて、どうも虫こぶのようです。『バラの虫こぶ』で検索すると『バラハタマムシの虫こぶ』だそうです。半分に切ってみると、中に小さな幼虫がいました。来年の春に成虫が出て来るそうです。

 植えて数年たって去年初めて咲いたセンダンの花が、今年はより多くたくさん咲きました。

★新しく咲いた主な花
ヒツジグサ、 センダン、 ナガバオモダカ、 ユキノシタ、 ガウラ、 ナワシロイチゴ、 
★前に咲いていて写真更新
ニゲラ、 ツクシイバラ、 カワヂシャ
バラハタマムシの虫こぶ&幼虫写真 4点 →

   
  20175月11日(木)
 1ヵ月近く楽しみ満開を過ぎたモッコウバラを惜しみながらも思い切ってSさんが剪定し、繁茂するカラスノエンドウやスズメノエンドウとイネ科を引き抜き、広がり過ぎたシャクチリソバやススキを整理して、野草園が少しスッキリしました。

★新しく咲いた主な花

ハタケニラ、 ヒメコバンソウ、 ムラサキツユクサ、 コナスビ、 ルリニワゼキショウ、 オオニワゼキショウ
★蕾
ヤブレガサ、 ヒペリカム
★少し前から咲いていて今回写真掲載
ヒメカンゾウ、 ミッキーマウスツリー、 ツキミソウ、 クサノオウ、 ヤグルマギク、 ハイキンポウゲ、 ゼニアオイ
★種もシッカリ見ましょう (ステキです!)

ウズラバタンポポ、 オオジシバリ →
   
 20175月4日(木)
 どこへ行っても緑が美しく、花も鳥も楽しい季節です。
 1週間ぶりに野草園に行くと、草がグングン伸びていて、その生命力に圧倒されます。みんな一生懸命生きているので、何を引き抜いて何を残すか、いつも悩みます。

★新しく咲いた主な花
(先週も咲いていたけど撮り忘れたものも数点含みます)
スズラン、 カラタネオガタマ、 ミヤマオダマキ、 ノアザミ、 ニゲラ、 タツナミソウ、 ベニバナフウロ、 アカバナユウゲショウ、 ヒルザキツキミソウ、 ヤセウツボ

★まだ蕾ですがカワイイので     キツネアザミ →

★プランターに種を蒔いて発芽したものや頂いた苗を5種類ほど定植しました。もっと大きくなってから紹介します。

   
  20174月27日(木)
 今日はいろいろ苗を植えました。草引きして場所を作ってから植えるので時間がかかります。雑草の小さな花もかわいいけれど、ゴメンねと言いながらいっぱい草引き。

秋にとり蒔きして春に芽生えたものの定植や移植
 レモンエゴマ、 キツリフネ、 ナンテンハギ(近くに自然発芽していた)、 シュンラン(株分け)
・公園協会から提供されたもの
 キツネノカミソリ(20球根)

★新しく咲いた花           ベニバナツメクサ →
シラユキゲシ、 ブルーベリー(先週も咲いていたけど撮り忘れていたので今回)
スズラン(作業中に見つけ、後でと思っていたら撮り忘れたので次回に)

   
  20174月20日(木)
今の時期は1週間たつと、もう新しい花が次々咲いていて嬉しくなります。モッコウバラの季節になりましたね。

★新しく咲いた主な花             オオアマナ
ウマノアシガタ、 オオジシバリ、 キンポウゲ(ラナンキュラス・ゴールドコイン)、 シラン、 スパラキシス、 セリバヒエンソウ チョウジソウ、 ナルコラン(斑入りアマドコロ) ハナカタバミ、 フジ フタバアオイ、 モッコウバラ

★3人の方から庭で育てている山野草をいただき、移植しました。ウズラバタンポポ、 マイヅルソウ、 ツキミソウ、 エイザンスミレ
ウズラバタンポポは初めて知りましたが、1999年に横浜で見つかった帰化植物だそうです。

   
 20174月17日(月)
 今、野草園はいろいろな春の花で賑わっています。
去年はたくさんの貴重な山野草をいただき、大喜びしながらもうまく育てることができるだろうかと不安でした。春になって、次々小さな芽生えを見つけるたびに狂喜、野草の力強さに感動しました。そしてめでたく花が咲くと本当に嬉しくて、やっと責任を果たせたようでホッとします。

 写真は順次更新していますのでクリックしてご覧ください。
セツブンソウ、 イカリソウ、 ニリンソウ、 ヤマブキソウヒトリシズカ、 ラショウモンカズラ、 ムラサキケマン、 キケマン、 カラクサケマン、 オドリコソウ フタバアオイコンロンソウ、 ウラシマソウ、 アマドコロ       


 花はまだですが、芽生えを確認できて一安心。
チョウジソウ、 カリガネソウ、 ダンギク  ヤブレガサ